スポンサードリンク

2009年07月23日

親の在宅介護の費用

親の在宅介護の費用


親の在宅介護をはじめるには経済的なことを抜きにして考えることは
できませんから、金銭的なことをきちんと決めておくことが大切です。

親が在宅介護を必要となる場合には通常の生活以上に経費がかかります。

通院するための費用や介護ヘルパーさんなどの費用といったこまごました
ものが結構必要となりますので、両親、家族、兄弟での話し合いをして
おくことが重要です

介護サービスの一つに訪問介護がありますが、要介護の度合いによって
介護保険の適用範囲が決まります。
このサービスは、訪問介護を受ける人の自宅に看護師や介護スタッフが
訪問し入浴などの手伝いをしてくれるサービスです。

親と家族、兄弟の間で金銭的な負担について納得したものをある程度
決めておく必要があります。

高齢者である親はそのような話をうやむやにしておきたがるかもしれませんが、
訪問介護が長期に渡るであろうことを考えると決めておいた方が良いのです。

入浴をする場合は巡回入浴車と呼ばれる専門の自動車で訪問してくれます。
親の貯蓄や年金などの中から、毎月一定額を必要経費としてもらっておく
というように決めている人たちも結構いるようです。

また、日常生活の経費として光熱費や電気代、水道代といったものも整理を
して負担額をきめておきましょう。

親が要介護になれば介護保険の適用がありますから、可能な部分は介護保険
の申請をしておくとよいでしょう。
posted by 在宅介護 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 親の在宅介護の費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。